一般的なドッグフードとの違い

Pocket

プレミアムドッグフードがこだわって作られていると聞くと、プレミアムドッグフードが良くて一般的なドッグフードは悪いというイメージが持たれますが、決してそのようなことはありません。人間同様にイヌにとっても、食材や製法にこだわった食品というのは良い食事ではあります。しかし、大切なことは良い食事を一度食べることではなく継続して食べることです。そこで、プレミアムドッグフードを食べるならば継続して食べ続けられなければ意味がないのです。

継続して与えるもちろん、一般的なドッグフードの中にも食材や製法、添加物にこだわって作られているものがたくさんあります。ですから、自分自身が価格や品質、栄養素、原材料、添加物といった全てのものが総合的に納得できるものを選ぶことが重要です。

中には、一般的なものを与え続けることに不安がある人もいるものです。そのような時には、一般的なものとプレミアムドッグフードとを混ぜて与えるのも一つの方法です。混ぜることで一回の食事も価格が抑えられますし、食事の内容も良いものにできます。プレミアムドッグフードを購入したいけれども毎月は購入が難しいという人には、一般的なドッグフードで納得できるものと混ぜて与えることもオススメの方法です。

プレミアムドッグフードの種類

Pocket

高ければなんでもプレミアムドッグフードというわけではありません。価格が高いのは品質にこだわった証拠です。国内工場で製造がされたものであったり、食材がオーガニック素材であったり、人工添加物が不使用であったり、といった価格が高くなっている根拠が描かれているものを選ぶことが重要です。

サツマイモ昨今の小型犬ブームの影響でドッグフードの購入価格の単価が下がっているという現象から、購入者の単価を上げるためにドッグフードの高級化が進んでいます。残念ながら、価格の高めのドッグフードの中には品質と価格とが釣り合っていないものもあるのです。そこで、きちんと品質表示を確認して、その価格が高くなる根拠がどのようなところにあるのかを確認する必要があります。

一般的なドッグフードでは使われている穀物もプレミアムドッグフードではあまり使われていないことがあります。犬にとっては穀物はさほど必要ないのですが、価格を抑えるために企業が用いていることがあるのです。プレミアムフードは犬の健康を守るために穀物を減らして、代わりにアレルギーも起こしにくく消化しやすいサツマイモやじゃがいもを用いる工夫がされています。このように、品質表示を見比べてこだわりが感じられるものこそプレミアムドッグフードと言えるのです。

プレミアムドッグフードとは

Pocket

食事近年のペットブームで、ペット商品としてたくさんの商品が販売されるようになっています。食事についても、人間と同じように高級志向が高まっておりその中の一つとしてプレミアムドッグフードというものが販売されるようになっています。

プレミアムドッグフードというのは、この10年ほどで販売されるようになった新しいタイプのドッグフードです。高品質の食材を用いているだけでなく、その製造過程にもこだわっているために一般的なものよりも高価なことも特徴です。相場として一般的なドッグフードが1キログラムで100円から200円であるのに対して、プレミアムフードは1キロあたりで1000円から2000円、最近ではそれ以上のものも出てきています。一般的なものに比べて10倍以上する分、食材が全て国産であることにこだわっていたり、人工的な添加物が不使用であったりと、人間の口に入れても問題のないように作られているものが多いです。

価格が高いということで、プレミアムドッグフードを与えていれば安心と思われがちですが、決してそのようなことはありません。きちんと愛犬にあったものを選ばなければせっかくのプレミアムドッグフードも意味をなくしてしまいます。そこで、ここではプレミアムドッグフードが一般的なものとどのようなところが異なるのか、そして選ぶ際の注意点やプレミアムドッグフードは予算の範囲外であるというときの対処法についても紹介していきます。